プロポーズをする時に婚約指輪は絶対必要?

婚約指輪というほどですから、結婚を約束し、婚約状態になった時に、婚約指輪を男性から女性へと送るというのが、今は一般的になっています。

結婚を約束する時、つまり、プロポーズをする時には、男性から女性へ婚約指輪を贈れるようになっていてほしいということですね。

よく、「結婚してください」という言葉と一緒に婚約指輪を贈っている映像が流れていますが、プロポーズの時には婚約指輪を準備しておくことは、絶対に必要なのでしょうか。

以前、日本でも景気がいい時代は、絶対に必要という人が非常に多くなっていました。

しかし現在、ある会社が行ったアンケート結果によると、プロポーズの時に婚約指輪をもらったという人は、回答数全体の約7割だったようです。

それ以外は、特に何もなかった、言葉だけだった、記念の品をもらったなどでした。

【婚約の定義とは:URL】http://za-sh.com/engagement-9405.html

女性の方でも、絶対に婚約指輪が欲しいという方も少なくなってきているようで、その分の費用を結婚後の生活費や子どものための教育費に充てておきたいという声も少なくありませんでした。

つまり、女性の中に、婚約指輪よりも実際の生活の事をもう少し考えていきたいという、現実的な考えを持つ方が増えてきているということを表しているのでしょう。

ただ一方で、やはり婚約指輪があった方がプロポーズがスムーズに進みやすいと感じている男性も多く、女性も婚約指輪が欲しいと回答している方も、まだまだ根強く大勢いらっしゃいます。

男性は、さりげなく女性の意向を探りながら、婚約指輪を準備した方がよさそうですね。