婚約指輪を着ける指は?

恋人からプロポーズをしてもらって婚約指輪をもらい、いよいよ婚約期間に入った女性は、結婚に向けて準備を始め、忙しいけれどとても幸せな気持ちになっていることでしょう。

そしてその指には、彼からもらった素敵な婚約指輪が輝いているのでしょう。

でも、その婚約指輪、どの指にはめているでしょうか。

今の日本ではいろいろな説があり、結婚指輪は左手薬指にするけれど、婚約指輪の場合は右手薬指にして結婚と同時に結婚指輪と一緒にして左手薬指に移動させるという方もいらっしゃいます。

また、ずっと右手薬指にしているという方もいらっしゃいます。

実際に所を調べてみると、婚約指輪も結婚指輪と同様に、左手薬指にはめるというのが正解のようです。

左手薬指には、「服従・信頼」という意味合いがあり、男性に対して全幅の信頼を寄せているという絆の証になっています。

まだ古代ギリシャでは、薬指には太い特別な血管が通っていて、それが心臓と直接つながっているため、左手の薬指に指輪をはめるということは、指輪をくれた男性とハートの部分でつながっているということも表していました。

左手薬指は神聖な指なので、永遠の誓いということも意味していたのです。

※参考記事→もう1度やり直せるなら!結婚式当日までに知っておきたかった10のこと | ライフハッカー[日本版]

また、こういったロマンチックな理由だけでなく、現実的な理由としても、左手薬指は指の中で最も動きが少ないので、指輪を落としたり汚したりする可能性が最も少ないという理由もあります。

大切に指輪をつけ続けることができるということです。